Apple Watchを充電できるバンドが2016年2月に登場!?

char2

来年は、Apple Watchのバッテリー残量を気にしなくてもよくなるかもしれません。

iPhoneやiPadからApple Watchへ充電ができて、パソコンとの同期にも使うことができるバンド「CharSpace」がクラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募っています。

出張や旅行でも充電ケーブルいらず

Apple Watchを使っていて、不便なのが充電。iPhoneやiPadのようにLightningケーブルで充電できればいいのですが、Apple Watchの充電には専用の充電ケーブルが必要。

けれど、そんな不満をこのバンドが解消してくれます。このCharSpaceは、バンドの端がLightning端子になっていて、そこからiPhoneやiPadに接続してApple Watchを充電可能。

char1

また、バンドの反対側にはUSB端子を搭載。なので、パソコンにそのまま接続して、iPhoneやiPadの同期にも使用することができます。

毎日充電したいApple Watchですから、旅行や出張の時に便利ですよね。

本体内にストレージ内蔵で約5900円から

さらにこのCharSpaceには、ストレージも内蔵されています。容量は16GB/32GB/64GB/128GB。

iPhoneのデータのバックアップや、データの受け渡しにも使用可能です。

価格は約5900円からで、2016年2月から日本にも無料で発送されます。カラーはホワイト、ブラック、レッドの3色。

各モデルの価格は以下のとおり。
16GB:49ドル(約5900円)
32GB:79ドル(約9500円)
64GB:99ドル(約12000円)
128GB:179ドル(約21700円)

かなり面白そうなこの製品ですが、出資目標額の2500ドルに対して、記事執筆時(2015年12月27日現在)で残り18日で8%しか集まっていない状態です。出資目標額に到達しない場合でも返金されないとのことなので、出資される場合は注意が必要です。

Source:Indiegogo

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2