Windows8のサポートが1月13日に終了!延長サポートを利用する方法とは!?

win8support

Windows8を使用している方は、今すぐにWindows8.1へのアップデートをおすすめします。

Windows8.1にアップデートしていないWindows8のサポート期間が、日本時間1月13日に終了となります。サポート終了後は、セキュリティ更新プログラムの提供が受けられなくなるため、まだWindows8.1へのアップデートを行っていない方は、アップデートをしておいた方がいいでしょう。

Windows8用の更新プログラムは1月13日が最後

Windows8.1は、Windows8に対するアップデートとして2013年10月に無償提供が開始されました。そのサポート期間については、公開から2年間となっており、今回その期間が終了するということになります。

1月13日に提供されるセキュリティ更新プログラムが最後となり、その後はWindows8用のセキュリティ更新プログラムの提供はありません。

Windows8.1へのアップデートで延長サポートを

では、現在Windows8を利用しているユーザーはどうすればいいのか?が気になるところ。

安心してください。現在Windows8を利用中でも、Windows8.1へアップデートすることにより、延長サポート終了日となる2023年1月11日まではセキュリティ更新プログラムを受けることができるようになっています。

尚、Windows10への期間限定の無料アップデートについても、対象OSはWindows8.1/7のみで、Windows8は対象外。

現在Windows8を使用している方は、早急にWindows8.1へのアップデートを済ませておきましょう。

Source:Microsoft

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2