スティックタイプの小型パソコン「Endeavor SY01」

endeavor

6月5日にEPSONから発売されたスティックタイプの小型パソコン「Endeavor SY01」。
価格は税込19,440円。

基本性能は?

搭載されているOSはWindows8.1。

使用する際はTVやディスプレイが別途必要。
TVやディスプレイなどのHDMIポートへ本体を接続し、映像を出力させます。

本体にはフルサイズのUSBポートがひとつ搭載されている為、USBキーボードやマウス、USBレシーバーを接続しマウスやキーボードを使用することが可能です。
ポートがひとつしか搭載されていない為、マウスとキーボードそしてUSBフラッシュメモリを使用するなどの多くの場合で別途USBハブを用意する必要がでる可能性もあるので注意が必要です。

Bluetoothにも対応しており、最近増えてきているBluetoothキーボードなどを接続することも可能。しかし、初期設定時にはUSBしか認識しない為、USBキーボードやマウスは必須になります。

またインターネットに関しては現行のMacBookなどと同様、LANポートが搭載されていない為Wi-Fiでの接続一択に。

主な使用は下記のとおり
OS:Windows 8.1 with Bing 32bit
CPU:インテル® Atom™ プロセッサー Z3735F(1.33GHz)
メモリー:2.0GB PC3L-10600 DDR3L SDRAMストレージ32GB(eMMC)
ネットワーク機能:IEEE802.11b/g/n準拠無線LAN
保証サービス:1年間無償お預かり修理(PC本体)
その他:USB 2.0 × 1、Bluetooth 4.0 ※1、冷却ファン、マイクロSDカードスロット、HDMI延長ケーブル(0.2m)、ACアダプター、給電専用USBケーブル ※2

また別売りでトラックパッド付キーボードセットも用意されています。

 

使用用途は?どんな使い方をするの?

ディスプレイもついていない、USBポートもひとつしかないなどのこの製品。
いったいどんな場面で使用するのでしょう?

リビングでみんなでゆったり思い出鑑賞

ひとつはリビングにある大画面テレビ。
ここに接続することにより、今まではパソコンの前にみんなで集まってみんなで見ていたような写真やビデオをリビングでゆったりと見ることができるようになります。
家族旅行の写真や、運動会ビデオ、お子様の成長を記録したビデオなどをリビングのソファでゆったりとくつろぎながら。
そんな利用が可能になります。

プロジェクターに接続して

もうひとつがプロジェクターなどに接続。
今ではプロジェクターの後ろにはノートPCを置いて出力というのが当たり前でした。
ノートPCは持ち歩くと意外と重いもの。
この小型PCだとそんな煩わしさを解消してくれます。
なにかの集まりでの発表の際や、イベントなどで重宝するのではないでしょうか?

ここまで見てきた限り、2台目のサブ的用途としてのパソコンの購入を考えている方にとっては、その使い方次第で最適な製品になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>