0歳時にスマホを使用させたことがある?71%がYes

ss.1

小さい子が器用にスマホを利用している姿が、珍しくなくなってきました。

子育て情報サイト すくコム が0〜6歳の乳幼児をもつ子育て世代を対象に行った、「乳幼児とデジタルメディア」に関する意識調査の結果が公開されています。

これからの時代にとって切り離すことのできない、スマートフォンやタブレット。
世間ではどんな風に捉えられているのか、その実態は興味深いものになっています。

 

 

0歳児の71%がスマホを利用したことがある

ss.2

0歳児に何を見せるんだろう?と興味が湧いてきますが、泣く子をあやす目的で使われているのかもしれませんね。

 

 

「たまに使わせている」、使用時間は「1日数分」が最多

ss.3 ss.4

全体の90%が30分以内の利用におさまっており、長時間使っているわけではないようです。
小さいお子様の「数ある興味のうちのひとつ」といったところなんでしょうか。

 

 

「ほんとうは使わせたくないが…」・・・ 54.4%

ss.5

視力への影響や中毒性の不安から、「本当は使わせたくない」と思っている方が過半数を占めています。
一方、学習効果への期待やスマホなどに自由に親しんで欲しいと考える、積極利用に肯定的な方も15%以上いました。

どのくらいの利用が適正なのか?見極めが難しいですよね。

 

 

やっぱり目的は動画視聴

ss.6

使用用途の74%が動画視聴でした。
Youtubeでもお子様向けの動画がかなり増えていますよね。

知育アプリの使用も30%と、スマートフォンを活用した学習効果も期待されているようです。

 

 

 

別ソースになりますが、真っ暗な部屋でスマホを壁に向けると、壁が想像以上に明るくなる。
その光を至近距離で見てるんだから、視力などに影響が出て当然といった話題がありました。
Google検索 – 「真っ暗な部屋でスマホを壁に向ける」

この強い光が小さいお子さんに与える影響は、タバコの煙等と同じくらい悪影響なのかもしれませんね。

 

 

※画像は すくコム からの引用です。

Source:【すくコム】 NHKエデュケーショナル

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2