Windows7/8.1ユーザーは要注意!設定によってはWindows10への自動アップグレードが始まるかも

st00

Windows10へ移行したくない人は、要注意です。

Microsoftは2月2日に配布した「Windows7」と「Windows8.1」のWindows Updateで、Windows10へのアップグレードをサポートする関連更新プログラムを、今までの「オプションの更新プログラム」から「推奨される更新プログラム」に昇格させました。

今回昇格したプログラムは「KB2952664」と「KB3035583」。これらは、Windows7アップグレード用互換性更新プログラムと、Get Windows10アプリをインストールするもの。

kb30000

Windows Updateを自動に設定しているWindows7/8.1の場合、これらのプログラムが自動でインストールされ、PCの設定によってはWindows10へのアップグレードが自動的に始まることも。

アップグレードをする際は、アップグレードを続けるかどうかの意思確認の画面が表示されたり、アップグレード後31日間は、前バージョンのOSに戻すことができます。

とはいえ、Windows10へのアップグレードをしたくないという方は、一度PCの設定を確認した方が良さそうです。

Source:Microsoft Blog

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2