LINE、複数の端末からのアクセスが不可能へ仕様変更

ss.1

LINEのトーク内容などが、クローン端末によって閲覧できてしまう仕様について、運営元であるLINE株式会社は2月22日、iPhone向けの新バージョン(ver5.10.0)にて対処したと発表がありました。

ss.3

 

これは、下記の条件を満たした限定的な条件のもと、複数の端末からアクセスが可能となってしまうというもの。

・アクセスの対象となるiPhone端末を物理的に保有し、当該端末の認証パスワードがわかっていて、パスワード解除ができる状態であること、
・その上で、PC(Windows/Mac)を用意し、当該端末からiTunesアプリケーションを使ってPCとiPhoneを物理的につないでバックアップ操作を行うことができる環境下にあること、
・さらに、別のiPhone端末を用意し、当該端末のバックアップデータを展開し、LINEアプリを起動できた場合

公式サイトより抜粋

 

最新版へのアップグレードを行うことで、上記の操作を行っても、1つのアカウントに複数端末からアクセスできなくなる。

 

また、LINEでは登録メールアドレスとパスワードの管理にも注意を促している。

LINEは他のWebサービスと同様に、本人確認手段として、メールアドレスとパスワードを利用している。

ログイン画面でこの2点が正しく認証されると、アカウントのユーザー本人と認識してサービスが提供されてしまうため、本人以外がログインして、悪用されてしまう可能性がある。

 

メールアドレスとパスワードの管理には十分ご注意を!

 

Source:【仕様変更】iPhoneおよびiTunesの仕様を用いた、複数スマートフォン端末からの同時アクセスについて