公衆電話が無線LANスポットに?

dennwab

すでに忘れ去られた存在となった公衆電話ボックス。

携帯電話普及と共に廃れてしまったこの電話ボックスが、サービスの形を変え普及されようといている。

Internet Comによると、NTT東日本が設置している公衆電話ボックス。これが今後「Wi-Fi」として利用可能になる見込みとのこと。

計画では、都道府県や市町村などの自治体が、NTT東日本に対価を支払う事により、電話ボックスにアンテナを設置し、観光客や住民向けにWi-Fiを整備するという。

17都道県で実現か?

NTT東日本が電話ボックスを開放する地域は、新潟県、長野県、山梨県、神奈川県以東の17都道県となっています。現時点では、自治体などが中心になって整備する公共性の高いWi-Fiのみを認可するとしているという。そのため、現時点では個人での申込は認可されない可能性があるとしている。

また、電話ボックスを設置している土地所有者から許可が得られない場合などは、Wi-Fi設置の対象外となるとのことです。

すっかり忘れ去られようとしている公衆電話が、公共Wi-Fiとして利用できるようになるとすれば、今後の日本の通信環境が格段に便利になるでしょう。実現の日が待ち望まれますね。

Source:Internet Com

公衆Wi-Fiの安全性についてはこちらをご覧ください
今つないでる「無料Wi-Fi」は本物?

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2