iTunesカードの購入を促すAndroid版ランサムウェアが日本で確認される!

androidcard

世界中で猛威を振るっているAndroid版ランサムウェア「AndroidOS_Locker」が日本国内に流入していることが確認されました。
160316comment01-1

トレンドマイクロによると、このランサムウェアは感染したAndroid端末上で「MINISTRY OF JUSTICE」を称し、日本語の身代金要求メッセージを表示するとのこと。また、感染した端末のキャリアやIPなどの情報を表示し、あたかも利用者の身元を特定したかと勘違いさせようとする工作も行われています。

このランサムウェアは日本語表示の際には「MINISTRY OF JUSTICE」(法務省)を名乗り、日本の国旗や警察のマークを表示し、アメリカの場合には「CYBER POLICE」を名乗りアメリカ国旗を表示するなど、国と言語で表示を変えているという。

罰金をiTunesギフトカードで

このランサムウェアは1万円の「罰金」を要求するが、その支払いをiTunesギフトカードで行わせようとします。
160316comment05-1

またこのランサムウェアをインストールしてしまうと、インストールされたランサムウェアにデバイス管理APIの権限が付与され、アンインストールが艱難になる可能性もあるとのこと。

ランサムウェアの被害に遭わないようにするために

トレンドマイクロは、このような被害に遭わないために以下のことを推奨しています。

  • 正規のAndroid向けアプリマーケット「Google Play」や信頼できるサードパーティマーケット以外からのアプリのインストールをしない。
  • 普段は「提供元不明のアプリのインストールを許可する」のチェックボックスを外しておく。

 

また実際に感染してしまった場合は、Androidをセーフモードで起動することで、ランサムウェアの起動を抑止し、アンインストール可能になる場合があるとのことです。

Source:トレンドマイクロ