ご存じの方も多いかもしれませんが… Gmail は送信後30秒まで送信メールを取り消せる機能があるんです。

hqdefault

SNSなどが浸透した現在でも、ビジネスシーンでの「メール」は重要な役割を持っています。

「うっかり」が許されないやりとり、ありますよね。

情報漏えいなどのインシデントが発生すれば、自分だけでなく会社の信用に関わる大きな問題に発展してしまう…

ここまで大きな事故でなくとも、宛先の追加漏れや、より伝わりやすい文章だったり、なぜか送信後に気付くことって多いですよね。

そこで今回のタイトル、Gmail やGoogle Apps の送信後30秒までなら送信したメールが取り消せる機能が役に立ちます。

 

友人にこの機能を伝えたら予想以上に驚いていたので、知らない人も多いのかも?
ということで、設定方法をご紹介しますね。

Gmail 右上の設定ボタン(ギアアイコン)をクリックして、全般タブ送信取り消しのチェックを入れるだけ。

1

 

実際に取り消してみる

メールの送信後、画像のような[取消]の項目が追加される。
ここをクリックすることで、送信前の画面に戻れます。

2

 

ビジネスで使っている方は、設定しておいて損はない項目ですよね!

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2