印鑑不要、サインで取引OK!三井住友銀行が「サイン認証」を導入

ss.1

三井住友銀行は、手書きのサインによる本人確認を可能とする「サイン認証」を、年度内に導入する予定と発表しました。

これは、事前に登録したサインの筆の運び(距離、方向、筆圧など)の電子データと、取引の際のサインに関するデータと照合することで 本人確認を行うというもの。

041200-04

サイン認証によって、印鑑を持参する必要がなくなり、「Web通帳」サービスと併せて通帳や印鑑いらずの銀行取引が可能になる。

また、盗難リスクもないため、セキュリティ面も向上するとしている。

 

口座開設も印鑑不要に?

041200-02

 

 

ネット上では、サイン認証の導入を喜ぶ声が多い中、セキュリティ面の不安や、本人の万が一の場合を心配する意見も挙がっている。

 

 

※画像は公式サイトとプレスリリースより

Source:三井住友銀行 , NTTデータ , NEC , 日本総合研究所