iPhoneで使わないデフォルトアプリを非表示にする方法

IMG_4894

iPhoneには最初から入っているアプリがあります。その中にはまったく使用しないものも・・・。これらのアプリは通常のアプリと違って消すことができません。

今回は、そんなアプリを非表示にする方法を紹介します。

パスコードは機能制限専用のパスコードを

「設定」→「一般」の順にタップします。
IMG_4886

機能制限をタップします。
IMG_4887

「機能制限を設定」をタップします。
IMG_4888

機能制限専用のパスコードを設定します。
IMG_4889

表示されたアプリ一覧から、非表示にしたいアプリをオフにします。
IMG_4891

画面にアプリが表示されなくなりました。
IMG_4895

なお、非表示にできるデフォルトアプリは以下のとおりです。

  • Safari
  • カメラ
  • FaceTime
  • iTunes Store
  • Podcast
  • この方法を使えば、少しはiPhoneの画面をスッキリと使えるようになるかもしれません。また、機能制限用のパスコードを設定するときは、忘れないように注意して下さい。

    ※iOS9.3で検証

    PR
    iphonerepaireban1 mbhoken_banner2