Windows10 Insider Preview最新Buildがリリース!日本語IMEやStartメニューの機能が向上

ink1-1024x683

米Microsoftは4月22日(現地時間)にWindows InsiderのFastリングに「Windows10 Insider Preview Build 14328」をリリースしました。今回のBuildには、PC向けの「Windows Ink」などの新機能が追加され、日本語IMEやStartメニューのアップデートなど多数の機能が追加されています。

日本語IMEでプライベートモードが利用可能に

Windows InkはWindows10の手書き体験を向上させる機能で、Windows Ink Workspace、Sketchpad、スクリーンスケッチ、スティッキーノートの作成、マップなどが可能になっています。

また、日本語IMEではプライベートモードでの入力が可能に。プライベードモードをオンにすると、入力履歴の保存が一時的になり、モードをオフにしたときに自動的に履歴が削除されるようになっています。
JPNIME2

その他にも、日本語IMEの予測能力が向上したり、クラウド候補をりようすることによって、Bingのオードサジェストを用いて新しい単語や専門用語も予測候補に加えることができるようになっています。
JPNIME3a

Startメニューは操作性が向上

Startメニューは、全体的に操作性が向上しています。

電源、設定、エクスプローラーなどのメニューが常に左端に表示されるようになり、PC/タブレット/モバイル間で一貫した操作性が確保されています。また、「すべてのアプリ」と「よく使うアプリ」のリストがひとつにまとめられワンクリックでアクセスが可能になっています。
Updated-Start-1024x683

その他、ロック画面でもCortanaが利用できるようになりました。ただし、「明日のスケジュール」などの個人情報が関わる内容の質問の場合は、デバイスのアンロックが要求されるようになっています。
blog_post_lock_screen-1024x576

Source:Windows

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2