Windows10メールアプリでプロバイダーメールを設定する方法

pmailsetting1

PCのメーラーは何をお使いでしょうか?

Windows10のメールアプリでは、GmailやYahoo!メールをはじめとするフリーメールから、プロバイダーから提供されているメールまで幅広く使用することができるようになっています。

今回は、プロバイダーから提供されたメールの設定方法を紹介します。

Windows10メールアプリの設定方法

メールアプリを開いたら、アカウントの追加をクリックします。
pmailsetting2

つぎに詳細セットアップをクリックします。
pmailsetting3

インターネットメールをクリックします。
pmailsetting4

メールアカウント情報の入力画面が表示されますので、各項目をプロバイダーから提供されているアカウント情報をもとに入力します。
pmailsetting01

アカウント名 任意の名前を入力します
表示名 メール送信時に相手に表示される名前を入力します(名前など )
受信メールサーバー プロバイダーより提供された受信メールサーバーを入力します
アカウントの種類 POP3またはIMAPを選択します
メールアドレス 自分のメールアドレスを入力します
ユーザー名 プロバイダーより提供されたユーザー名(アカウント名)を入力します
パスワード プロバイダーより提供されたメールパスワードを入力します
送信(SMTP)メールサーバー プロバイダーより提供された送信メールサーバーを入力します
送信サーバーは認証が必要 チェックします
メールの送信に同じユーザー名と
パスワードを使う
チェックします
受信メールにSSLを使う SSLサーバー認証を使用する場合にはチェックをします
送信メールにSSLを使う SSLサーバー認証を使用する場合にはチェックをします

入力が完了したら、サインインをクリックするとアカウント登録完了画面が表示されますので、完了をクリックします。

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2