BMWが二輪車用の救急要請ボタン「インテリジェント・エマージェンシー・コール」を発表

ecallbmw2

BMW Motorradがバイク用のeCallシステム「インテリジェント・エマージェンシー・コール」を発表しました。eCallは、事故発生時にボタンを押すとGPSの位置情報や車種、塗装色などの情報をコールセンターへ送り、救急や消防機関へ通報システムです。

BMWの統計によると1999年の導入以降、eCallを装着した自動車は、未装着車と比較して救急隊の到着時間が40~50%早かったとしています。また、2018年からは欧州全域で新車販売されている車両への標準装備が義務化される予定です。

事故の大きさを3段階で自動認識して救急要請を

今回発表されたBMWとしては初の二輪車向けeCallシステム「インテリジェント・エマージェンシー・コール」は、バイクに装着されているクラッシュセンサーと角度センサーによって事故の大きさを3段階で認識。そして、自動的に最適な機能を提供するようになっています。
ecallbmw1

最も重大度が大きいと判別された場合は、システムが救急要請を。そしてコールセンターからの音声通話によりライダーのケアを行うようになっています。

重大度が小~中程度の場合は、25秒間のタイムラグをもって自動救急要請を行うように。もし要請が必要ない場合は、eCallボタンを押すと救急要請をキャンセルできるようになっています。

そして3つ目の軽微なトラブルなどの場合には、ボタンを押すことで救急要請を発報して、音声通話での対応となるとのことです。

このインテリジェント・エマージェンシー・コールは、2017年より欧州で販売するBMW製のバイクに、オプションとして提供開始されるとのことです。現時点では、北米やアジアなどの地域への展開は不明とのことです。

Source:BMW

PR
iphonerepaireban1 mbhoken_banner2