熱中症注意レベルを計測できる携帯型センサー『TC-200』がタニタから発売

TTC200GD

昨日5月12日は、群馬県伊勢崎市で29.9℃を観測するなどもうすでに真夏のような陽気になってます。そうなると気をつけなくてはならないのが、熱中症。

そんな熱中症の注意レベルを計測できる携帯型センサー「TC-200」をタニタが5月12日に発売しました。価格はオープン価格で、推定市場価格は税別で4980円前後となっています。

5段階の注意レベルをイラストとブザー音でお知らせ

暑くなってくると増えるのが、熱中症のニュースです。TC-200は、日射・輻射熱を計測できる黒球温度計を搭載した携帯型の熱中症対策機器。

センサーで計測した乾球温度、湿球温度、黒球温度からWBGT(暑熱指数)を算出し、注意レベルをイラストとブザー音で通知してくれます。注意レベルは、レベル1、レベル2が「注意」、レベル3「警戒」、レベル4「厳重警戒」、レベル5「危険」の5段階。屋内と直射日光下の屋外でも使用できるのが特徴となっています。

本体サイズは幅58ミリ×高さ108ミリ×奥行36ミリで、重量は65グラム。持ち運びするときに便利なカラビナが付属しているので、出掛けるときには是非携帯しておきたいアイテムです。
TTC200GD3

Source:タニタ