MacBook ProをOS X El Capitan 10.11.4にアップデートするとフリーズする不具合が発生

macbook_pros_2015

MacBook ProをOS X El Capitan 10.11.4にアップデートするとシステムがフリーズするという不具合が発生しているとのことです。

再起動しても症状は改善せず

Mac Rumorsによると、現在多くのユーザーからMacBook ProをOS X El Capitan 10.11.4にアップデートすると、システムがフリーズするという報告がされているとのことです。

そして一旦フリーズすると、強制終了以外にシステムの回復がされないとのことです。また再起動しても症状が改善するということでもないので、ユーザーはOSのダウングレードを余儀なくされるとのことです。

フリーズするとマウスや感圧タッチまで操作不可に

この症状は、Safariを閲覧しているとき、Adobe Photoshopなどのアプリやサードパーティ製ブラウザを使用しているときなどに1週間に1回程度の頻度で発生するようになったとのこと。一度フリーズすると、マウスのみならずトラックパッドの感圧タッチまでも使用できなくなるなど、一切の操作ができなくなります。

この問題が集中しているのは、13インチRetina MacBook Pro(Early 2015)という報告がありますが、それ以外のモデルでも報告があるとのことです。

MacBook Proを使用している方は、アップデートを控えた方がいいでしょう。

Source:MacRumors