iOS10では64bit非対応アプリを開くと警告が表示されることが判明!

17254-14579-IMG_6268-l

iOS10では、64bit処理に非対応のアプリケーションを開くと警告画面が表示されることが判明しました。

2015年6月以降アップデートされていないアプリが対象

Apple Insiderによると、iOS10で64bit処理に非対応のアプリを開こうとすると、「iOS10に最適化されていません」「このアプリを使うと、システム全体のパフォーマンスに影響を与える可能性があります」との警告が表示されるようになっているとのことです。

アップルは2015年6月以降、アプリの64bit対応を開発者に要求しているため、このメッセージが出るのは1年以上更新がされていないものが対象となるとのことです。

なお、iPhone5s以降に発売された端末については、すべて64bitモデルとなっています。

Source:Apple Insider